【初心者でも簡単にできた!】THE THORでバックアップをとるなら『UpdraftPlus』が好相性【5分で設定完了】

こんにちは、ぽんです。

バックアップ、頻回にとってますか?

前回はエックスサーバーでの手動バックアップについてお話しましたが、
WordPressでサイトの編集とかするのに、わざわざエックスサーバーのHPを
開けなきゃいけないのは、面倒くさがりの人にとっては、ちょっとハードルが高いのかもしれません。

今回はプラグインを使ってのバックアップについて説明していきます。

「WordPress」「バックアップ」で検索すると、『BackWPupPup』をお勧めする記事が多く出てくるのですが、
『THE THOR』は相性が悪いプラグインがあると聞き、ちょっとビビッてしまいます。

そこで見つけたのが『UpdraftPlus』というプラグイン。

『UpdraftPlus』はデータベース、プラグイン、テーマ、アップロードファイルという、バックアップが必要なデータを全て丸ごとバックアップでき、復元も簡単ということで、
私もインストールしてみることとしました。

UpdraftPlusをインストールして設定をする方法

①まずはダッシュボードの「プラグイン」→新規追加をクリック。

②検索欄に「UpdraftPlus」と入力し、『今すぐインストール」をクリック。

③「有効化」をクリック。

④設定をクリック。

⑤設定タブで自分の都合の良い頻度に設定し、バックアップを保存したい場所を選ぶ。私はメールを選びました。

⑥下にスクロールすると、4つのチェックボックス全てにチェックを入れる。

⑦さらに下にスクロールして、左下の「変更を保存」をクリック。

これで自動バックアップの設定は終了です。

設定した通りにメールが来て、バックアップファイルが添付されています(^^)

作業後など、手動でバックアップを取りたい場合は、⑤でバックアップタグでできる。

バックアップのプラグインは本当に必要なのか?

実際のところはプラグインをインストールしなくても、エックスサーバーなら毎日自動バックアップを取ってくれているので、もしもの時はこちらで復元ができます。

が、復元にお金がかかる場合があるんですよね。

  • MySQLデータベース(過去7日分保存):無料(過去7日分)
  • サーバー領域(過去14日分保存):1回5000円

    ※手動バックアップデータは自分のPC内に保存するのでいつでも復旧できます。

気軽に手動でバックアップが取りたいなら、プラグインで『UpdraftPlus』をインストール。
もしもの時はお金を払うor要所要所でエックスサーバーの手動バックアップを取るなら、プラグインなしでもいいかもしれませんね。