産業保健師に向いている人って?必要なスキルは?

 
undefined
産業保健師に興味があるんだけど、どんな人が向いてるのかな?
 
 
undefined
向いている人と向いていない人がいるね。
自分に適正があるか、この記事を読んでみてね。
 

こんにちは、ぽんです。

看護師から保健師に転向したいと思っているけど、自分にもできるのか、不安になってしまう人もいると思います。

看護師10年経験後、35歳で保健師に転向した私が、自分の経験を基に、

保健師の仕事に向いている人の特徴をお伝えします。

この記事を読めば、自分が保健師に向いているかどうかが理解できますので、

転職活動の参考にしてください。

産業保健師の仕事はどんな仕事?

産業保健師の主な仕事は、健康診断の事後処理や保健指導、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防や、メンタルヘルスケアなどです。

なので、支援の対象となる相手は、病気を抱えた患者さんではなく、「働いている人」となります。

病気を抱えている人もいれば、そうじゃない人もいて、皆が保健師に悩みを解決してもらおうと思っているわけではない、というところが、病院との大きな違いになります。

近年では、メンタル不調で休職をする職員が増えており、そういった職員の対応も求められています。

産業保健師の仕事はどんな人に向いている?

保健師の仕事は幅広い年代の人と接する仕事なので、向き不向きがあります。

保健師として二つの職場を経験した管理人が、産業保健師にはどんな人が向いているかをお伝えします。

人と関わることが好きな人

産業保健師の対象は、病気の人だけではありません。

時には、職場へ入りこみ、対象者だけでなく、その上司やキーパーソンと信頼関係を築いていくことも必要です。

そんな場面では、一見仕事とは無関係な世間話をしたり、相手に興味をもって接することで距離が近くなり、保健師を頼ってくれるようになることが多々あります。

相手に頼られる産業保健師には、人に興味をもって関わることができる人が、向いています。

ものおじせずにコミュニケーションが取れる人
産業保健師は、新入社員から役職者にまで保健指導やカウンセリングを行う仕事なので、
誰とでも、ものおじせずにコミュニケーションが取れる人が向いています。
最初のうちは、緊張するのは当たり前ですが、過度に緊張する人は向いていないと思います。
時には、部長クラスの人の前で資料の発表をすることもあります。
傾聴が得意な人
病院でも傾聴が大切だと習ってきましたが、常にバタバタとした忙しい病院では、なかなか心に余裕をもって傾聴する場面が少なかったのではないでしょうか?
産業保健では、傾聴すべき場面が多いです。
メタボ系の保健指導では、こちらが指示的に指導するのではなく、相手にやる気にさせるような傾聴と支持が必要です。
「憂鬱で会社に来れない」と訴える職員には、『傾聴』での対応で相手の気持ちの整理を促さなければなりません。
生活習慣病予防の業務でも、メンタルケア業務においても『傾聴』は必要なスキルです。
スケジュール管理がしっかりできる人
病院の看護師のスケジュール管理は、「一日の流れをどうやって効率よく回すか」という観念が大きいですが、
産業保健師は、面談の日程、医師との面談の調整、職場巡視、管理職との面談、各種のミーティングなどの仕事があります。
それに加えて、健康講和やその準備、細々とした事務仕事もあり、全て保健師が調整しなければなりません。
産業保健師は、これらを間違いのないように慎重に、かつ迅速にこなせるような人が向いています。
人前で話すことが得意な人
『健康講話』といって、大勢の職員を集めて、健康に関する講話をしますので、
人前で話すことを苦にしない人が向いています。
これに関しては、最初は苦手だと思っていても、慣れれば人並にできるようになる人がおおいように感じます。
上記のように資質の問題ではないので、努力次第で克服できる事項です。

産業保健師に必要なスキルは?

エクセル、ワード、PowerPointは必須

エクセルで健康診断の処理をしたり、統計処理をすることがあります。

ワードで報告書などの文書作成をします。また、会議やミーティングの議事録も行います。

『健康講話』ではほぼPowerPointを使います。講話の資料は既存のものを使う場合もあれば、自分で一から作る場合もあります。分かりやすい資料を作る必要があります。

採血や点滴などの看護技術は、必ずしも必要ではない

採血や点滴などの看護技術の要否は、職場によるでしょう。

職場で診療を行っているところもあれば、行っていない企業もあります。

求人内容にはその旨が記載してありますので、そこを確認して、病院経験が長い人は、

そこをアピールしてもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

保健師という仕事内容から、どんな人が向いているのかが理解できたと思います。

ただ、私自身、この「向いている人」に100%当てはまるかと言えば、そうではないと思います。

保健師もひとりの人間です。人と人との関わりの中で、こうでなければならないということはありません。

いろいろなタイプの保健師がいていいのです。

ただ大切なことは、会社のために、対象者のために、と考えて動くことだと思います。