看護師なら『保健師養成学校』に通って最短1年で保健師資格を取得できる!

 
ナース

最短で保健師の資格をとるにはどうしたらいいの?
 
 
undefined
看護師の資格があるなら1年でオッケーだよ。
その方法を説明するね。

看護師の資格があれば、最短1年で保健師資格を取得できる

保健師になるためには、「看護師資格」と「保健師資格」の2つの国家資格を取得する必要があります。

昨今では両方の資格を同時に取得できる4年生大学もありますが、すでに看護師資格を持っている人は、

1年制の保健師養成学校」を卒業し、保健師国家試験に合格することで、保健師資格を取得することができます。

保健師国家試験の合格率、ボーダーラインは?

保健師の国家試験は、年に一回、例年2月に実施されています。

試験内容は以下の通りです。

筆記試験:公衆衛生看護学、疫学、保健統計学及び保健医療福祉行政論
保健師を目指すにあたって、国家試験の合格率やボーダーラインは気になるところでしょう。

保健師国家試験の合格率は?

2020年に行われた、第106回保健師国家試験の受験状況は以下のようになっています。
 

▼参考:厚生労働省「第106回保健師国家試験、第103回助産師国家試験及び第109回看護師国家試験の合格発表」

受験者8,233名のうち、7,537名が合格しているので、合格率は91.5%となります。

なお、過去の保健師国家試験の合格率をみても、おおむね80~90%の合格率で推移しています。

保健師国家試験のボーダーラインは?

厚生労働省のHpによると、2020年の「第106回保健師国家試験」の合格基準は次のようにされています。

一般問題を1問1点(74点満点)、状況設定問題を1問2点(70点満点)とし、
次の合格基準を満たす者を合格とする。

総得点 87点以上/144点

但し、問題の一部を採点から除外された受験生にあたっては、

総得点86点以上/143点

 

過去の保健師国家試験においてもボーダーラインはほとんど変わらず、得点率60.0%が目安となります。

これらのデータを見ると、保健師資格は決して手の届かないものではないですね。

看護師から保健師資格をとるためには、まずは「学校」に入ろう!

看護師免許をすでに持っていて、保健師の資格取得を目指した場合、2パターンの方法があります。

方法1:1年制の保健師養成学校に通う(1年)

最短で保健師資格が取れる方法です。

保健師養成学校では、保健師になるために1年をかけて学ぶので、実習を含め、充実した教育を受けることができます。

方法2:保健師過程のある看護系大学の保健師養成課程3年次に編入する(2年)

一定の条件を満たせば、看護系大学の編入試験を受験できます。3年次に編入して2年間学んだ後に保健師の国家試験を受験することができます。

方法3:保健師過程のある大学院に通う(2年)

大卒の看護師の場合、大学院を受験するという方法もあります。

近年は保健師の国家試験の受験資格を得られる大学院が増えてきています。

看護師が最短で保健師の資格を取得できるのは「保健師養成学校」(一年制)

保健師の資格を取得するための最短ルートは1年制の保健師養成学校へ通う方法です。

一年で保健師資格の受験資格を得ることができます。

全国の「保健師養成学校」一覧

北海道 公立 北海道立旭川高等看護学院 地域看護学科     

岩手県 公立 岩手看護短期大学 地域看護学専攻  →2020年度閉校             

秋田県 公立 秋田県立衛生看護学院 保健科                                    

栃木県 公立 栃木県立衛生福祉大学校 保健学科                               

埼玉県 私立 早稲田医療技術専門学校 保健学科                                 

長野県 私立 飯田女子短期大学  専攻科/地域看護学専攻                

愛知県 私立 名古屋医専 看護学部 保健学科                                   

富山県 公立 富山県立総合衛生学院 保健学科          

大阪府 私立 藍野大学短期大学 専攻科/地域看護学専攻                  

奈良県 私立 白鳳短期大学 専攻科/地域看護学専攻                          

高知県 私立 高知学園短期大学 専攻科/地域看護学専攻               

佐賀県 公立 佐賀県立総合看護学院 保健学科    →2020年度閉校                

             

「保健師養成学校」の学費は?

社会人から学校に入学しようとする時に、最も気になるのが学費ではないでしょうか?

「保健師養成学校」は上記のように、公立私立があります。

・公立では、およそ70~80万円程度

・私立では、およそ250万円程度
 ※返済不要の奨学金制度がある学校もあります。

となります。

入学時にはある程度まとまったお金が必要になりますので、注意が必要です。

「保健師養成学校」の入学試験スケジュールは?

入学願書受付の時期は、学校によってさまざまです。

早いところで9月中旬から、遅いところでは1月の学校もあります。

自分が通えそうな学校の資料を取り寄せて、入学願書時期を逃さないようにしましょう。

『名古屋医専』『藍野大学短期大学』『白鳳短期大学』『秋田県衛生看護学院』は
スタディサプリから簡単に資料請求できます。

 

まとめ

大学編入や大学院入学も良いですが、夜間部のように働きながら通う方法はありません。

上記の学校なら1年で保健師の国家試験の受験資格を得ることができます。

残念ながら、今年度で閉校になっている学校が2校ありました。

今踏み出せば、資格取得後には働く場所の選択肢が広がりますよ。